日常の事、結婚生活の事、ベビーちゃん待ちの事など・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腹腔鏡手術 手術当日(入院2日目)
2011年01月06日 (木) | 編集 |
☆12月9日(木)☆

5:50
起床
検温。洗顔、歯磨き。

6:00
浣腸
お腹が痛い。トイレを済ませてもまだ少し気持ち悪い感じ。

7:00
点滴開始

8:20
大ちゃん・お母さんが来てくれる
駐車場がいっぱいで車を入れるのにてこずって
お父さんとは会えず。

8:30
術着に着替える
弾性ストッキング着用。

8:50
手術室へ
ストレッチャーで行くのかと思ったけど、歩いてエレベーターに乗って
5階(病室)から3階(手術室)へ

手術室の前で、大ちゃんとお母さんとお別れ。

手術室に入る。
手術室へ入るとまたドアがある。たくさんドアがあって、
部屋が何室かに分かれてて、
足でスイッチを押すと、自動的にドアがあく。
手術室って感じ~!!

執刀医の先生1人と助手の先生2人と麻酔科医2人と看護師さん2人。
合計7人が準備していた。

手術台に寝るように言われ、血圧計や心電図やマスクなど
いろいろなものをつけられる。
背中が暑い。聞くと、体温安定の為に温水がながれているみたい。

「点滴から麻酔が入ります。」といわれて、
ここで記憶はなくなる





15:30
名前が呼ばれ目が覚める。
気がつくと病室のベッドの上。
喉が痛い。腰がだるい感じ。傷口がズキズキ傷む。
熱を測ると37.9℃

なんと!!6時間半もかかった手術。
そりゃ、しんどいわ!

17:50
執刀医(担当医)の先生が様子を見に来てくれる。

18:00
大ちゃんや両親が色々と話しかけてきてくれてたけど、
しんどくて頭がボーとしてて記憶が曖昧。
大ちゃん・両親帰宅

19:00
とぎれとぎれ眠る
看護師さんが2時間おきに検温、血圧を測り尿が出ているか
チェック。

腰がズッシリ重たい感じ。
熱があるので、体が暑いので水枕をもらい
何度か体の向きをかえてもらう。

ほとんど眠れず、つらくて長い夜でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。